空から降ってきた写真をネットにUPして拡散

このニュース色々思うことがあった。

JR大阪駅ビルから少年の写真がばらまかれた騒動は22日、知人の少年2人がばらまいたことを認めた。個人情報をネットに掲載する「晒し」が蔓延する中、都会のど真ん中の犯行は「より話題になる演出」(専門家)とみられ、実際に居合わせた多くの人々がインターネットに投稿、わずか3日間で一気に拡散した。

引用:写真ばらまき騒動 ネット拡散狙い“演出”…消せない「デジタルタトゥー」

なるほどなあ。不謹慎ながら感心した。
ネットが普及していない時代なら、拾った写真をネットにアップされることも無かったわけだけど今だとこうなるのかあ。

知らない人の写真をアップする前に考えたりすることは無いのかなあ。
それとも写真の出来が良かったのか?(チラシ風とか)
ばら撒いた人が悪いのはわかるけど、アップした人も訴えられるのかな。ここら辺が気になったし、自分も加害者にならないよう注意しよう。

もう一点は撮り鉄のこと。
加害者は少年なんだけど、今の子供でも撮り鉄になる人いるんだなあと。んー自分にはさっぱり理解できない世界だが、切手集めみたいな昔の趣味だと思っていた。もしかしたら撮り鉄になるのは子供時代からなのだろうか。撮り鉄の話題って悪いイメージしかないけど実際はどうなんだろう?自分は嫌な思いしたこともないし、リアルではほとんど見かけることもない。色んな土地に行く機会もあるだろうし良い趣味にも思える。パチンコやゲームなんかより全然良いですわ。

No comments yet Categories: SNS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。